« 現状について | トップページ

おもしろき こともなき世を おもしろく

はい、高杉晋作ですね。
これもけっこう好きな辞世の句です。

オイラはまだまだ死ぬ気は有りませんのであしからず。

さて、今度の地震で色々感じた事を書いてみます。

①地震直後の夜に外に出てみたらものすごく寒く、そして星がきれいに見えた。
どれだけ仙台の空も余計な(余計じゃない物も多いと思うけど)光であふれているのかと思った。
よく考えてみると、オイラが子供の頃は今までよりももっと多くの星が見えた気がする。
目も悪くなったのもあるけど、やはり余計な光が増えたんだろうな…

話はちょっと変わるけど、昔はもっと雪が多かった。かまくらを作ったり雪だるまも作った。
でも今はそんな雪が降る事は年に1回有るかどうかだ。

昔はもっとトンボが多かった。
秋の夕方に隣の家の壁一面にトンボが止まっていたもんだった…

人間は何かを犠牲にしないといけないモノで、何かを無くさないとその事に気がつかないモノなのかもしれないな…

②停電の終わる時期が色々あるんだと思った。
隣の家と裏の家は比較的早めに回復したのに、オイラの家は遅かった。
色々な配線の関係が有り、病院を含むブロックを早めに回復させたためだと思う。
それは仕方ない。でも、周りに電気が来ていて、自分の家に無いのはやはりちょっとストレスがたまった。
でも、停電が早く終わった家から電気釜でご飯をたかせてもらったりもした。近所の付き合いは大事なんだなぁ…

③日本人は素晴らしい。確かに中には困ったやつもいる。そんなやつはどんな時でも困ったやつなんだろう。
でも、全体的に見て日本人は素晴らしいと思う。
新聞やテレビ、ネットで身内を亡くした話を見る度に涙が出そうになる。
オイラの親戚でも数人が津波で亡くなった。年に1~2回挨拶程度しかしない付き合いだが、それでも少し悲しい。
その無くなった親せきの一家でも生き残った人がいる。
その人の悲しみはいかばかりだろうか・・・

④津波の被害に遭った信用金庫の金庫から四千万円が無くなっていたらしい。
内部の人の犯行でなければ犯人はある意味すごいと思う(尊敬とかはしないしマネはしないけどね)
たまたま通りかかった時に思いついたのだろうか?もし、これはチャンスかもと思い行動したのならその考え方だけはすごいね

今日はこんなところで。
皆さんもお元気で…

|

« 現状について | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113627/39399855

この記事へのトラックバック一覧です: おもしろき こともなき世を おもしろく:

« 現状について | トップページ